« 方向転換 | トップページ | 旅立ち »

2012年8月 5日 (日)

お告げ

夢を見た………。

姉さんが巫女さまと守り神さまの背に乗っている夢。

コレは何を意味するのだろう?

眼が覚めると夢から現実に一気に戻される。

また姉さんがまた錬金で何かやらかしたらしい。

村人が俺に報告へ来た。

やれやれ、巫女さまの所へ行ってくるか。

巫女さまの所へ行くと、姉さんと一緒に来るように云われ探しに行くことに。

村人たちも知ってのとおり、村で失敗事をすると隠れる場所がある。

ちゃんと居てくれればいいがな。

村を出て、モンスターを倒しつつ姉さんが居るであろう場所へ行ってみる。

………。

居たけれど、また錬金をしているらしい。

失敗ばかりするくせに、懲りないな。

…と思ってみていると、なんか不思議なモノを錬金した。

なんじゃ、ありゃ?

と、姉さんと目が合う。

姉さんに迎えに来た理由を告げると出来たばかりのシロモノを俺にくれた。

お・俺にどうしろと? 装備出来そうなモノではあるが。

まさかここで装備しなくちゃいけないのかと内心ハラハラしたが、どうやら

(姉さん的には)まともに錬金出来たモノを俺に渡して満足らしい。

いくら姉さんが錬金してくれた帽子でも、流石の俺も装備はしたくなかった。

装備を強制されなくて良かった。。。

姉さんと一緒に巫女さまの所へ行くと、守り神さまのお告げを告げた。

衝撃的な事実が告げる巫女さま。

そんな中、巫女さまの結界で守られているハズの村にモンスターが一匹

迷い込んできた。 その場はなんとか凌ぎきれたが、事態は急を要するらしい。 

俺は巫女さまの孫と姉さんと共に、巫女さまに頼まれたあるモノを探しに村を

後にするのだった。

|
|

« 方向転換 | トップページ | 旅立ち »

ドラゴンクエストⅩ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 方向転換 | トップページ | 旅立ち »